新着順:7/3215 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Bruce Springsteen sings a song Letter to you.

 投稿者:#47 Ump.  投稿日:2020年11月19日(木)12時50分44秒 KD121107050001.ppp-bb.dion.ne.jp
  通報 返信・引用
  「King of Rock」と評されるブルース・スプリングスティーンが、六年ぶりに新譜をリリースした。
Eストリート・バンドと久々にタッグを組み、曲の大半を生演奏で収録したという。

 「Letter to you」と題されたアルバムのブルースは、若かりし頃の凄み(??)が利いた、絞りだす太い歌声というより、
憂いのある優しさが感じられる歌声だ。

   https://www.youtube.com/watch?v=AQyLEz0qy-g Bruce Springsteen Letter to you-Official Video

やっぱり、ブルース・スプリングスティーンは最高。アメリカを感じさせてくれるネ。しびれるゥ~!!

  筆者は、車中で聴く曲のジャンルは様々だが、ロックを聴くと身体が自然と揺れる。
ジャズのツービートに聞き入ると、身体がリズムを刻んでSwing、Swing and more Swing。

 ちあきなおみのブルージー・テンポの歌声は心を癒してくれるし、三橋美智也の歌謡曲を聞くと、古き佳き日本の情景が目に浮かび、昔が思い出される。
青江三奈なんかもいいね!! そうだ!!「あんこ椿は恋の花」の都はるみもいいし、百恵ちゃんもいいネ!!

 ジャズ歌手だと、エラ・フィツジェラルドやアレサ・フランクリンなどが好きだナ。

 サラ・ヴォーンやパティー・ペイジ、ケイ・ディー・ラング、ホイットニー・ヒューストン、エンヤ、ロウラ・フィジー、エイミー・ワインハウスや
エデル、マライアー・キャリーなど等挙げたらきりがない、筆者のお気に入り女性ヴォーカリストたち。
最近だとテイラー・スイフトがいいネ。

 男性歌手では、ハンク・ウイリアムス、フランク・シナトラ、エルビス・プレスリー、トニー・ベネット、ウイリー・ネルソン、レイ・チャールズ、
スティービー・ワンダー、マイケル・ジャクソン、ボブ・ディラン、二―ル・ヤング、ポール・サイモンなど暇がない。
おっと、サミー・デイヴィスJr.を忘れちゃ~いけないゼ!!

 グループだと、ブエナ・ヴィスタ・ソシャアル・クラブがダントツで良い。
https://www.youtube.com/watch?v=UXwLBS3yUkA  (Buena Vista Social Club in Carnegie Hall、NY)

  テンプテーションズ、シュプリームス、ビートルズ、ポリス、クイーン、ローリング・ストーンズ、ボーイズ・トゥ・メンなんかも良いネ。

 ズージャだと、トランペッター・ヴォーカリストのチェット・ベイカーが筆者のベスト・フェイブだ。
https://www.youtube.com/watch?v=-kQVj68loXw   https://www.youtube.com/watch?v=sgn7VfXH2GY
(Together Full Album)            (Autumn Leaves Chet Baker & Paul Desmond)

 それと、筆者には、大のお気に入りの曲がある。
Leonard Cohenが朴訥とした声で歌う「Hallelujah」」だ。しみじみ聞くと涙がこぼれそうになる。
https://www.youtube.com/watch?v=ttEMYvpoR-k&list=PLFHR5i6RxEHRcdQfSBSZJY5RWkH5gTEkq&index=395 Hallelujah

 Bon Joviがカヴァーしている「ハレルヤ」も中々良いネ!!
https://www.youtube.com/watch?v=RSJbYWPEaxw&index=2&list=PL9y_ZoY-GazOCK_oP6oyDsMmhwhpbPmRc

  音楽はいいゾ・・・。実にイイ・・・!! 心の潤滑油だ・・・!!

話を元に戻そう・・・。

 君は、聴いたか?ブルース・スプリングスティーンの歌声を・・・。
目の前にあったもの(居たもの)が、突然無くなる(居なくなる)
そんな事、考えたことある・・・??

出だしの曲「One minute you’re here」では、そんな思いを歌っている。
「大きな汽車が、線路の上をやってくる。今、そこにいたと思ったら、もうそこには居ない」と・・・。
71歳になったブルースの老練な歌声を聞かせてくれる。

 また、「Letter to you」では、
陽光と雨のすべて、幸せと痛み、暗い夜の星と朝の青い空、
   君への手紙にしたためた、君への手紙にしたためた・・・
と、謳いあげたラブ・ソングであり、年輪を重ねてきたブルース自身の人生観でもあろう・・・。

 人生、今は、白い秋の前の「赤秋」とでも言おうか・・・、真っ赤な燃ゆる秋だ。
ブルースの、そんな心情を察することが出来るのは、誰ゾある・・・??

 Enjoy in your Life day after day!!

写真上:「Letter to you」のCDジャケット
写真中:「Together」Chet Baker & Paul Desmond
写真下:Buena Vista Social Club in Carnegie Hall, New York
 
》記事一覧表示

新着順:7/3215 《前のページ | 次のページ》
/3215