新着順:10/3144 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Agreement of MLB & UMPIRES on Covid-19 Pay Cut

 投稿者:#47 Ump.  投稿日:2020年 5月 3日(日)13時17分21秒 EATcf-184p180.ppp15.odn.ne.jp
  通報 返信・引用
   メジャー機構は、Covir-19の影響で、経済的に困窮している球団職員、それ等に係る関係者やマイナー選手等へ、
さまざまな資金援助や救援活動を行っている。

 そんな中、メジャー・リーグ機構とMLBアンパイアー協会が、Convid-1の影響で減収に伴う下、2020年度のアンパイアー報酬削減に合意した。

 そのさわりを紹介してみよう・・・。

それに拠ると、機構は:

 新人アンパイアー五名の基本給は1,150万円、シニアー・アンパイアー(Joe WestやGarry Davisなど)の最高支給限度額は4,540万円であるが、
 各人の受給額に応じて、その33%を減額するとした。(ちなみに、選手の最低年俸は約6,000万円)

その他、合意事項は以下のとおり:

 ①2020年度の登録アンパイアーは、ライセンス料として126万円を受け取る。

 ②スプリン・トレーニングへ16試合以上出動した全アンパイアーに、一試合当たり10,500円を支払う。

 ③また、クルー・チーフとして試合を裁いた場合には、105,00円を別途、加算するとした(フルタイム、コール・アップなどに関係なく付与)

 ④ポスト・シーズンに出動したアンパイアー全員へ、ボーナス(クリスマス・ボーナスと考える)として400万円を支給。

 ⑤Wild Card Gameへ出場した場合には140万円、Division Series に出場したら230万円を支払う。

 ⑥League Division Series に出場すれば230万円、League Champion Shipへ出動した時には290万円を支給する。

 ⑦またWorld Seriesに割り当てられたアンパイアーには330万円を、それぞれにボーナスとして支給するとした。

 ⑥更に、必要経費(任務遂行上に係るホテル代や諸経費)として、一日・一人当たり53,000円を支給する。

その他、双方の合意事項は多々あるが、ここでは割愛する・・・。
                                 ***表示額は$1/¥105で換算した、おおよその金額***

 また、MLB機構は、アンパイアーと協議して、電子ストライク・ゾーン技術を開発する権利を保持したようだ。

  What are you doing now? Staying Home?  Yes, that’s good!!  But, you can something to do at home.

   マ ス ク を 付 け 、 サ ン ミ ツ を 避 け よ う ゼ ! !

写真上:マスク着用で、Covid-19から身を守り、球場の安全と警護に当たるセキュリティー達の昼時
写真中:こんな事、絶対してはいけません。今は・・・。Vladimir Guerrero and Teoscar Hernandez
写真下:昨年死去したJM(Jim Mckean 1/23)、EC(Eric Cooker 10/20)、CM(Chuck Meriweather 10/26)の
    パッチを付けたSam Holbrook in World Series Game6, 29th Oct @Houston, 2019.
    WAS’ Manager Martinez's Argument with Runner’s Interference Call.
 
》記事一覧表示

新着順:10/3144 《前のページ | 次のページ》
/3144