新着順:87/3215 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Going to Asbury Park. Which ride on bus or train from NYC?

 投稿者:#47 Ump.  投稿日:2020年 4月16日(木)12時51分25秒 EATcf-273p163.ppp15.odn.ne.jp
  通報 返信・引用
     ブルース・スプリングスティーンがツイートした、Asbury Parkに興味が湧いたので調べてみた。

 当初、ブルースがダジャースファンだとしたら、アズバリー・パークの在所は、てっきりロス近郊にある?と思ったが、
さに非ず、米国・東海岸のニュー・ジャージー州アズバリー市の海浜地区にあるモールを併設したレジャー公園であった(写真上)

 ニューヨーク・ブルックリンのモールに似ているようで、ファッショナブルなブティック、落ち着いた雰囲気のバーやレストラン等が軒を連ね、
近隣にはホテルも用意さている複合型の施設だ。

 ツイートされている、マックスやウインドミルのホット・ドッグ屋はどこあるの?
ビールを片手に、幾人かの友人と過す、バーの名前は何て言うんだろう・・・?

 彼が、一人散歩するボードウオークは(写真中)、その名のとおり板で造られた遊歩道で、道筋には多くの店舗が買い物客を待っている。

 筆者は2018年7月30、31の2日間ロスに滞在し、ブリュワーズ戦に先発した前田健太投手を見た。
その折、ロス郊外のサンタ・モニカ海岸へ行った事があるが、その時の光景が思い出されアズバリー・パークに重なった。

 アズバリーまでの交通手段は、ニューヨーク・マンハッタンからバスや電車がある。
バスなら、片道¥2,300、1時間30分くらい。そして電車であれば、ペン・ステーションからロング・ブランチでまで行き、そこで乗換え、
10分程でアズバリー駅に到着。所要時間は大よそ2時間、¥1,700位で行けるようだ。

 もち、車であれば、国道1-95とGarden State Prkwyを経由して1時間チョットの運転。

  そうそう、ブルースのツイートに、Patti(写真下:ブルースと仲睦まじく)という名前が出てくるが、実は彼の奥方で、
本名をPatti  Scialfa(パティー・シャルファ)と云い、シンガーソング・ライターでありギタリストでもある。

 1980年代初頭にニュー・ジャージー州のバー「Stone Pony」でブルースに会い、当時、彼が率いたバンド「E Street Band」へ参加した経歴を持つ。
1991年に結婚。二男一女をもうけた。

https://www.youtube.com/watch?v=EmDriVeghj4(Bruce Springsteen and E Street Band Performing)
https://www.youtube.com/watch?v=w_XAtQ2LIwE  Stand up for heroesでのBruce & Patti 。魂の唄だ。

 また、スプリングスティーン夫妻(パティーはE Street Bandの一員として)は、共にクリーブランドにあるRock & Roll Hall of Fame
(ロックン・ロール音楽の殿堂)入りを果たしている

https://www.youtube.com/watch?v=129kuDCQtHs Bruce sings a song “Dancing in the Dark”

 それと、パティーもベイスボールが好きなんだネ、キット・・・。
ブルースは「3rd Base, Dodger Stadium」と言っているが、パティーを野球に誘う夫婦の合言葉?らしいので、必ずしもダジャースファンとは限らないゾ!!

 何故って・・・? ふつうは居住地をフランチャイズにするチームを贔屓にするんだが、果たして夫妻はLAに住んでいるんだろうか?
いいや、二人ともニュー・ジャージー州の出身だから、州内に住んでいるんだろうヨ、キット・・・。
 でも、まア~イイか・・・、フランチャイズ都市に住んでいなくてもファンはいるから良しとしよう・・・。

 この様に、ヒョンな事からアズバリー・パークのことを知り、興味を持ち、そして検索する。
筆者は、なんて物好きなんだろうか・・・。 その興味津々さが、知識の、知恵の源になっている事は確かだ!!

After the Game:

 国民的娯楽のベイスボール、ビールやホット・ドッグ等、身近なことを通じ、自宅から ファンや米国民へ自制・自粛を呼びかけた
ブルース・スプリングスティーン、King of Rock Roll Music。

 ブルースもパティーも外出を控え、ウイルスを他者へ移さない、他者から移されない努力をしているに違いない。

Covid-19の影響で、アズバリー・パークも多分にもれず、入場が制限されているようだ。

 Safe at home!! So, staying home!!
 
》記事一覧表示

新着順:87/3215 《前のページ | 次のページ》
/3215