新着順:107/3199 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

MLB Hires New Five 2020-Ⅰ.

 投稿者:#47 Ump.  投稿日:2020年 3月 1日(日)21時20分15秒 EATcf-185p68.ppp15.odn.ne.jp
  通報 返信・引用
  老練選手から若手選手へ次代の引継ぎが顕著なメジャー・リーグ。
アンパイアーも新旧交代の波が押し寄せているようだ。

 選手が若くなれば、アンパイアーもそれに伴い若手へ移行していくのが世の常であろう・・・。

そんな中、チーフ四名の引退に依り、メジャーのグラウンドに立つ新たな五人のアンパイアーが採用された。
その一人は、既に紹介した①Nic Lentz。

 ②ジム・エヴァンス審判学校を卒業した後、フロリダ・ステートリーグを皮切りに、アリゾナ教育リーグ、NYペン、サウス・アトランティックなど等
でキャリアをアップさせ、3Aのインターナショナル・リーグからの昇格となったRamon De Jusus#18。

 2016年4月にメジャーに初登場し373試合に出場。先のニック・レンツに続き、ジム・エヴァンス審判学校からメジャー昇格を果たした
ラモン・デ・ジーザスは、ドミニカ共和国初のメジャー・アンパイアーになった36歳の苦労人。

 ③2010年、ウェンデルステッド審判学校を卒業後、プロフェッショナル生活をスタートさせたペンシルヴァニア州出身のJansen Visconti#52は、
2018年4月にメジャーデビューし250試合に出場。

  昨年は Fill inアンパイアーとして142試合に出場。二年間に167試合の出場でビッグ・リーグへ。
ガルフ・コースト、NYペン、アトランティック、アリゾナ教育リーグ等で活躍後に所属したインターナショナル・リーグからの最速昇格だ。
 若干31歳の若さで最高峰へ上り詰めたジャンセン・ヴィスコンティの活躍に期待したい。

  そうだ!!筆者の記憶に間違いがなければ、確かDan Bellino#2も若干30歳でメジャーに昇格し、注目された存在であったが、ジャンセンもその例に
漏れないアンパイアーの一人である。

④四人目は、コール・アップアンパイアーとしてはヴェテランの域に入るChris Segal#96、37歳その人。
クリス・シーガルは2014年4月にコール・アップされ、以来、フィル・インとして最多の637試合に出場。
 アパラチアン、サウス・アトランティック、フロリダ教育リーグ等を経て、3Aパシフィック・コーストリーグから念願のメジャーを射止めた。

      To Be Continue. (五人目のRyan Blakneyの紹介は次回に続く)

  Yes, spring coming soon!! Let’s go to Arizona, California Spring Training!!
     I love Major League Baseball all over the World!! Enjoy mere and have fun!!

We want young generation umpires interest in baseball and umpire, Join us and have more fun!!
(若手の審判員募集中。野球と審判に興味がある方、奮って応募ください。一緒に楽しみましょう!!)
        **当協会のHPの掲示板からご応募ください**

**写真上:Why was a pitch strike now? What? That’s just a strike!! said Ramon De Jusus.**
**写真中:Jansen Visconti said that let me see the ball.**
**写真下:Chris Segal swings to 3rd extend line on the play at home.**
 
》記事一覧表示

新着順:107/3199 《前のページ | 次のページ》
/3199