teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/86 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

異業種交流

 投稿者:?エクセル写経  投稿日:2011年 2月 9日(水)12時33分45秒
  通報
  各地で異業種交流を歌われてますが、異業種交流をすれば、作られる商品は自業の範囲を超えてしまいます。

異業種交流会に行っても今までの商品の受注でしかないのではすでに異業種交流では無く販売促進と書けばいいのに、異業種交流とかかれては本当に異業種交流を目指しているものにとっては邪魔な存在でしかないだろうと思います。

いまだに物を作るもの作りがインターネットに出てきていないので、新たな商品の開発に繋がらない。

私も地元の異業種交流会でようやくもの作りの現業を見つけましたが、生産者の意識は交流では無く受注が目的なので、交流にはならないところです。

仕方なく「降下器」の試作を依頼し形にしましたが、商品化にはなりません。

降下器の試作品で実験した写真を創意とくふう誌に投稿したら、2月号の表紙になりました。

写真の断崖を建築物としてみていただければ建設業での新たな工法が見て取れるだろうと思います。

建設業では同業他社には秘密のものですが、全国的に作業性を見れば計り知れない需要が隠れています。

非製造業の建設で作っても製造販売には許認可を超えなければならない所で、他業種の許認可や技量が必要になってくるわけです。

実際にもの作りの現場に携わるもの同士で協業をしなければ事業の許認可などが得られないので、商品化をするには冒険がつき物です。

冒険をしない異業種交流は交流ではないだろうと思います。

http://www.hr-kaizen.com/cat2/cat1/

 
 
》記事一覧表示

新着順:4/86 《前のページ | 次のページ》
/86