新着順:24/2810 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2018 Crew Chief Candidate.

 投稿者:#47 Ump.  投稿日:2018年 2月 7日(水)22時46分30秒 EATcf-18p141.ppp15.odn.ne.jp
  通報 返信・引用 編集済
   今年もメジャーに新たなクルーチーフが誕生しそうだ。

 元MLB機構の副会長Bob Watson氏に依ると、新たにクルーチーフへ昇格する可能性があるのは
①Angel Hernandez #55、②Jim Reynolds #77、③Alfonso Marquez #72、④Mark Wegner #14、⑤Ron Kulpa #46、⑥Brian O’Nora #7の六氏だそうな。

 また、Hunter Wendelstedt #21やEric Cooper #56の名も候補に上っているという。

 いずれも、メジャーキャリア18年以上のアンパイアーで、昨年はクルーチーフの補佐役として活躍。
チャレンジの際は、チーフの代理としてニューヨークのチャレンジ本部と交信し判定を確定したりした。

 チーフ昇格へは①経験、②実績、③技量に加えて、慈善やボランティアー活動なども対象になるようだ。

 因みに、アンヘル・ヘルナンデスは「ミラクルリーグ」の理事長を務め、身体や精神的障害を持つ若者のために複数の
ミラクルリーグ・ゴルフトーナメントを開催した。

 ジム・レイノルズは世界審判協会(WUA)の会計部長を務め、毎年発行されるUmpire Media Guideを執筆する唯一の審判員だ。

 また、アルフォンソ・マルクェスは、メキシコの貧しい子供たちへ利益をもたらす「フォンツィーズ・キッズ」という非営利の
慈善団体を設立し活動している。

 他の候補も様々なボランティアー活動をしているようだ。

 米国では、その界で名を成したら、慈善やボランティアー活動を啓発実行して初めて一流(Super Star)の仲間入りと云われる。

アンパイアーとしてメジャーに上り、一流になるには実力もさることながら、運も必要と考察する。

 You need an umpire skill and up-date yourself!!

    写真の無断転載禁止

  写真上:アンヘル・ヘルナンデス(メジャーでは遅咲き25年)
  写真中:ジム・レイノルズ(NPB技術指導員、平林岳氏のJ・エヴァンス審判学校時のクラスメート)
  写真下:アルフォンソ・マルクェス(筆者撮影サイン入り。MLBアンパイアー・キャップをプレゼントしてくれた)
 
》記事一覧表示

新着順:24/2810 《前のページ | 次のページ》
/2810