新着順:10/2772 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Pace of Play Rules Change for 2018.

 投稿者:#47 Ump.  投稿日:2017年11月19日(日)23時05分3秒 EATcf-18p244.ppp15.odn.ne.jp
  通報 返信・引用 編集済
   メジャー・リーグベイスボールのロブ・マンフレッド・コミッショナー(写真上)が2018年の規則改正を示唆した。

 その主な改正点は:
         ①無走者の時、投手の投球制限時間が15秒から5秒短縮し、12秒へ変更される見通し。
         ②また、塁上に走者が在る時は15秒以内に投球しなければならない。
         ③打者は30秒以内に打席に入る(昨年迄は35秒以内)
         ④Extra-Inning Runner・・・10回の始めには走者を二塁に置いて試合を開始する。

メジャーでは、試合時間短縮に向け様々な試策を行っているようで、上記の4項目もアリゾナ・フォールリーグで試みが行われるようだ。

 昨年の「投げずに四球」なども試合時間短縮に向けた一環であったが、実際にはそんなに短縮になっていないようだ。

 また、投手だけに時間短縮の責を負わせるのは公平ではない。

 打者が打席を外し、リスト・バンドやアーム・バンドを締めなおす動作を「一打席に一回」とか「打席内で行う(打席を外すのを禁止する)」
規定なども考慮すべきと考える。

 以前、夏の甲子園大会の試合進行を視察に来たメジャーの幹部たち。
日本の高校生がプレーする野球から学ぶことが無かったのか知らん・・・?

 どの道、コミッショナー・マンフレッドの、功績創りの一策である事はまち間違いない。

 We are umpires, not players, but go hard, change of pace umpiring and big voice too!!

     ***写真の無断転載禁止***

 写真中:New Yorkミッド・タウンのTime Life Building(Grand Central St’nの北側)にMLB本部がある。
     筆者は2016年5月にMedia Guideを得るべくこのビルを訪問したが、担当者不明で門前払いをくった経験がある。

 写真下:ハーモン・キリュブリーの打撃姿勢を模したMLBロゴマーク。
     ミネアポリスのMall of Americaにはキリュブリーが打った特大本塁打が当たった赤い座席が壁に飾ってある。
     また、その時のホーム・ベイスを模した黄銅の記念本塁がモールの一角(当時の本塁付近)に埋め込まれている。
 
》記事一覧表示

新着順:10/2772 《前のページ | 次のページ》
/2772