新着順:48/2721 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Home Plate Collisions

 投稿者:#47 Ump.  投稿日:2017年 6月25日(日)15時58分42秒 EATcf-19p189.ppp15.odn.ne.jp
  通報 返信・引用 編集済
   規則6.01(i)(1) 本塁での衝突プレイ

MLBのナイス解説
http://m.mlb.com/video/v1518271783/rizzo-and-hedges-play-at-the-plate-is-broken-down

要約すると
① 捕手は基本的にフェアー・テリトリーからプレイを敢行しなければならい。
② 得点しようとする走者はファウル・テリトリーから本塁触塁しなければならないということ。

  ※何故って? 衝突を防ぐため、走路を空けておく必要がある※

6月19日(現地)シカゴでのパドレス戦で二塁走者のAnthony Rizzoがホームプレート・コリジョンルール(いわゆるPosey Rule)違反を犯した。

なんたって、フェアー・テリトリーへ切れ込んでプレイをしようとした捕手にぶつかっていったんだ。

①捕手がプレイしようとした位置と ②走者がファウル・テリトリーからフェアー・テリトリーへと入り込んだことを注視。

2011年5月26日、SFジャイアンツのバスター・ポージー捕手が本塁でマーリンズ、三塁走者のScott Cousinsがタグアップして本塁で衝突され大怪我を負ったプレイを機にHome Plate Collision Ruleいわゆる「ポージー・ルール」として2014年に設けられた。
  http://m.mlb.com/video/v15201733/must-c-collision-cousins-posey-collide-at-the-plate

地元で規則違反を犯したリゾの本塁衝突
http://m.mlb.com/video/topic/6479266/v1516042483/sdchc-hedges-hangs-on-after-collision-for-the-out

写真上:6.01(i)(1)の素になったポジーが衝突されたプレイ
写真中:まさに捕手に衝突しようとしたアンソニー・リゾ。
写真下:衝突プレイはPL、#45 Jeff Nelsonの目の前で起きた。

Enjoy More Umpiring!
 
》記事一覧表示

新着順:48/2721 《前のページ | 次のページ》
/2721